コスト削減で実現するLCCで飛行機代を節約しよう!

- 機内サービスの省略は格安料金のための秘訣

機内サービスの省略は格安料金のための秘訣

コスト削減のための機内サービスの省略や縮小

LCCでは、コストを削減するために、これまで、当たり前だと思っていた機内サービスを省略したり、縮小したりしています。
飲み物のサービスや、ブランケットの貸し出しなどを無償から有料化して、必要な人だけがお金を払って受けられるサービスに変えているのです。
いままで、無償の機内サービスに慣れていた人は、ちょっと物足りない気がしてしまうかもしれませんが、サービスが、無駄のないシンプルな形に簡潔化されていますし、何より、安く飛行機に乗ることができるということで、不満に思う人は少ないようです。
そもそも、国内線のフライトは長くても3時間程度なので、機内食などの必要もありませんし、飲み物が出なくても、特に問題はありませんよね。
新幹線や、特急列車での旅行と同じように、必要だったら、お金を出して買う、というスタイルは、飛行機の旅が、身近で気軽なものとなった印象すらあります。

機内で有料で受けられるサービスは?

機内サービスの内容は、航空会社によって異なります。
機内サービスを完全に省略している会社もあれば、一部は無償で行っている会社もあります。
どの会社もシンプルなサービスにしているという共通点は有りますが、内容はそれぞれということです。
最近では、コップを100円で購入すれば飲み物が飲み放題になったり、旅行先の名産品が機内販売で購入できるというサービスなどもあるようなので、LCCの機内サービスもあなどれません。
サービスの有料化と言っても、そんなに高価な料金を払うものではありませんので、チケットが安いことを考えれば、必要なサービスをお金を出して買ったとしても、安く旅行できることに変わりはないのです。
サービスの有料化はマイナーチェンジのようにも思えますが、飛行機に格安で乗れるようにするための大切なポイントなのです。
さらに、国際線での機内サービス無しはちょっときついかもしれませんが、国内線なら余裕で受け入れられるというところも、国内LCCが人気の理由なのかもしれませんね。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »

Copyright(C)2015コスト削減で実現するLCCで飛行機代を節約しよう!All Rights Reserved.