コスト削減で実現するLCCで飛行機代を節約しよう!

- 座席の狭さはどれくらいなの?

座席の狭さはどれくらいなの?

座席の狭さはどれくらい?許容範囲なの?

LCCが国内線でも広く使えるようになってから、飛行機に低価格で乗れるようになりましたが、気になるのは、座席の狭さです。
コストを下げる為、一回のフライトで少しでも多くの人数を乗せられるように、座席を狭くたくさん配置してあるからです。
その狭さは、どれくらいなのでしょうか?もちろん許容範囲かそうでないかは、フライト時間にもよるのかもしれませんね。
一時間程度のフライトなら、絶えられても、2時間以上になると、狭い空間では、苦痛に思う人も居るでしょう。
また、搭乗する人の体格にもよります。
小柄な人や女性は長時間でも問題なく乗れるかもしれませんが、大柄な男性は、窮屈と感じる人も多いでしょう。
それでも、国内線のフライトは、長くても3時間程度。
窮屈さを苦痛と感じることはあっても、安く乗れるのならその方が上だと思う人も多いため、需要は大きいのでしょうね。
うまく狙いを定めているサービスだと思います。

大手航空会社とどれくらい違うの?

ANAやJALが、166席配置する機内に、180席配置されているので、22席分狭くなるというわけです。
数字だと分かりづらいかもしれませんが、これはかなりの違いで、リクライニングすらできない、ということもあります。
ゆったりひろびろ、とは程遠いんですよね。
また、JALやANAなどには、ビジネスクラスが存在し、プラス料金を払ってさらに広々と乗れるシートもえらべますが LCCでは、普通席のみの場合がほとんどです。
乗客は、安さを取るか、快適さを取るかどちらかを選ぶというわけです。
格安で飛行機に乗れるように、コストを削減して言った結果、快適さが遠くに行ってしまったのは残念ですよね。
でも、海外では、格安でも広い座席を提供している航空会社も出てきているようなので、国内線の格安航空会社でも、少しプラス料金を払って、ゆったり席に乗れることもあるかもしれませんね。

Copyright(C)2015コスト削減で実現するLCCで飛行機代を節約しよう!All Rights Reserved.