コスト削減で実現するLCCで飛行機代を節約しよう!

- 国内線の種類と路線を紹介

国内線の種類と路線を紹介

国内のLCCはどんな種類があるの?

国内のLCCは、現在、ビーチ、ジェットスター、スカイマーク、バニラエア、春秋などがあります。
格安で飛行機に乗れるようにするため、路線が人気路線の実に限定されているという特徴がありますが、様々な格安航空会社が登場してきたことによって、続々と、就航路線が拡大されています。

成田からいける路線はどれくらいあるの?

LCCで、成田から行ける就航路線は、新千歳、関西、福岡、那覇、高松、松山、広島、大分、佐賀、熊本、鹿児島、奄美大島です。
全ての会社が全ての路線を持っているわけではなく、行く場所によって、利用できる格安航空会社は異なりますが、会社にこだわらず、とにかく、格安でチケットが購入できれば良いという人がほとんどですよね。
現代は、日本全国どこへでも、格安航空会社を利用していくことができるという嬉しい時代なのです。
特に、北海道や沖縄は、旅行にも人気の場所。
格安でチケットをゲットして、その分旅費に充てることができれば、予算が少ない人でも、旅行できるという夢が実現するかもしれませんね。
また、関西など、出張に便利な場所にも行けるというのは、経費削減ができて、一般会社にも嬉しいことです。
新幹線で行くのと同じくらいの時間で、新幹線の片道の運賃程度で、飛行機の往復のチケットが購入できてしまうなんて驚きですよね。
今後は、遠いところはもちろん、近場でも、新幹線ではなく、飛行機を利用するという人が増えていくかもしれませんね。
いままで、飛行機は、運賃が高いことや、気軽に乗れないことなどから、どうしても利用しなければ行くことができない場所に行くときに利用する、ちょっと敷居が高い物の様に感じる人も多かったと思います。
でも、格安航空会社の登場により、空の旅は、これまでよりぐっと私たちの生活に身近なものになったのです。
格安航空会社は、これからもっともっと発展していくはずですから、タクシーに乗る感覚で、飛行機に乗る時代も近いのかもしれませんよね。

Copyright(C)2015コスト削減で実現するLCCで飛行機代を節約しよう!All Rights Reserved.